ホーム>SXL ヤマダ・エスバイエルホーム>構造について

構造について

SXL構法

安心と安全、快適な暮らしをお届けするヤマダ・エスバイエルの新・住宅品質をご紹介します

壁体内換気システム

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

壁体内換気システム

201562313245.gif

内部結露が引き起こすおそろしい被害の実態

 

「壁体内換気システム」とは、ヤマダ・エスバイエル ホーム独自の内部結露対策です。高気密・高断熱が求められると同時に、「内部結露」は住まいの現代病とも言われ始めることが多くなりました。こちらのページでは「壁体内換気システム」により、優れた耐久性を実現するW通気工法の仕組みや効果、内部結露の被害実態を紹介しています。
 

SxL構法

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

SxL構法

面で支えるパネル工法と独自開発のジョイント金物が強固な六面体を造りだし、抜群の剛性を発揮する「S×L構法(木質パネル一体工法」。高精度・高強度の木質接着パネルで床と壁を一体化して建物全体を強固な六面体の「箱」にしていく工法は、身近なもので例えると丈夫な「一升マス」の様です。

木質接着パネル

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

木質接着パネル

ヤマダ・エスバイエル ホームの「木質接着パネル」は1枚で普通自動車9台分の荷重に耐え、水平荷重に対する強度は釘打ちパネルの1.3倍という高い剛性を持ちながら、壁変形量はわずか2.45cm。パネルの生産において耐用年数100年相当の接着剤を用いており、高い耐久性も実現しています。

構造材へのこだわり

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

構造材へのこだわり

高性能の住まいを造るためには素材からこだわる。パネルの生産には厳選された高品質資材「J-GRADE材」を採用しています。また、部材においても住まいの大敵「湿気」に対する万全の対策を部材生産時はもちろん、輸入・搬入時から行う為、品質の安定した優れたお住まいを造り続けることが出来ています。
 

パネル生産工程

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

パネル生産工程

品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001」と、環境マネジメントに関する国際規格「ISO14001」。2つの認証を取得しているエス・バイ・エル住工(株)の「つくば」と「山口」の工場で「木質接着パネル」はコンピューター制御の最新設備で厳しい品質管理のもと、一貫生産されています。
 

耐震性・耐風性

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

耐震性・耐風性

1997年1月17日の「阪神大震災」においても10,000棟を超えるお住まいが全半壊ゼロ。阪神大震災を上回る地震波による連続加震実験にも耐えたヤマダ・エスバイエル ホームの住まい。優れた耐震性はもちろ ん、台風や竜巻に対する耐風性能も品格法で最高等級を取得しています。

防・耐火性

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

防・耐火性

ヤマダ・エスバイエル ホームの火災に対する考え方は「火災を寄せ付けず、また拡げない」。木の特性を活かし、火に強い内外装材の採用や不燃性ロックウールをたっぷりと使用。耐火性能では木質系では最 高水準の「奨励準耐 火構造」の住まいです。数々の耐火実験や実際の火災でも実証されています。

省エネルギー性

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

省エネルギー性

次世代省エネルギー基準値を超える。高い省エネルギー性能をもつヤマダ・エスバイエル ホームの住まい。外周壁や小屋裏には、一般的なグラスウール10kg/㎡の約1.3倍 の断熱性能をもつと言われるロックウールを標準採用し、断熱材一体型床パネルを使って、住まい全体をすっぽり包み込む。ライフサイクルコストに優れた住まいです。

強固な基礎構造

詳細は、SXLのHPをご覧ください。下記をクリック↓

強固な基礎構造

耐震最高等級の住まいを支える「基礎構造」にも特別なこだわりを。建物と基礎を強固に一体化し、地震などのエネルギーをすみやかに地盤に逃がす、安心の基礎構造です。基礎部分には特許:VFパッキンによって換気口をなくし、基礎の強度と施工品質を大幅に向上させました。

ページ上部へ